2019.09.11

特別展 昆虫

デザイナー宇渡です。

先日息子二人を連れて大阪市立自然史博物館の『特別展 昆虫』に行ってきました。
「カマキリ先生」こと香川照之さんがナビゲートをしていますので、カマキリ先生ファンの子供達も興奮!

夏休みに大人気だった企画展ですが、9月に入ってちょっと混雑も落ちついたかな?と思ってのお出かけでした。

入ってみると…

30~40倍の大きさの昆虫たち!

この夏たくさん捕まえたセミも蝶も特大!
鏡があるので裏側までしっかり観察できます。

 

次男「ありさんから見たらこんなかなぁ」

 

標本コーナーはその数と種類がすごい!
カブトムシ、クワガタは極小サイズからこんな大きいの?とびっくりするものまで。

男子、夢中です。

極小の世界にはこんな不思議な形の虫たちが。

拡大するとまるで宇宙生物!


ぎゃー!
知らないだけで、こんな昆虫がいるんですね…

樹液に閉じ込められた、太古に絶滅した昆虫も。
(ジュラシックパーク!)

さらには…詳しい説明は避けますが閲覧注意のGコーナーも。
普段なら絶対いや!と思うところですが、
ここにたどり着くまでに甲虫類をたくさん見ているので、
この時点でそんなに抵抗は無くなっています(笑)

(写真は遠くからにしておきますね)

とにかく圧倒的な種類と数!


身近な昆虫から今ではもう見られない昆虫まで、
貴重な虫もたくさんいて、その生態を小学生にもわかりやすく展示してくれています。

連休の多い9月。
混雑がちょっと落ち着いた夏休みイベント、結構穴場です。
お子様と一緒に、いかがですか?